愛車の売却額査定の留意点として焦点を当てられるものに走行距離がまず考えられます。走行距離というのは愛車の消費期限とみなされることも多くありますのでその車の走行距離が長いだけ売却額査定の際には減点材料になるでしょう。一般的には走行距離は短いほうが売却額は上がりますが本当のところあまり突っ込んだ線引きはないので定められた線を引いて査定額が決まります。こうしたことは実際中古車を中古車店で売買する時も重要視される査定の小さくないポイントなのです。例えば普通車だと年間1万kmを目安として10000km以上だと多くの場合査定がマイナスになります。軽自動車では年間走行距離が8千キロがまた年式が古い割に走っている距離がとても小さいとしても売却額が高値になるとは限りません。現実にやってみると良く感じられると思いますが車はある程度乗ることによっても車両の状態を維持することができるので、年数の割に距離を走っていない車だと破損が起きやすいとみなされる場合もあります。これは自動車も同じだと言えます。普通は年式と走行距離についての査定の留意点は年式にたいして適正な走行距離であるかということです。それからその車の経過年数も、売却額査定の大切なポイントなのです。しっかり理解しているというような人も多いだと思いますが、普通は年式は最近であるほど査定では優位なのですが例外的にその年式にプレミアが付いている車は昔の年式の車でもプラスに査定されることもあるのです。同様車種で同一の年式の場合でも、ちょうどその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされているケースは当然それぞれのモデル次第で査定額は違ってきます。同様の自動車の売却額というような場合でも様々な要素で評価は多少変わってくるものです。